|
トップページ > HP運営でFP副業 > サイト運営のコツ

サイト運営のコツ文章の書き方とテーマ選び

収入・アクセスアップのテクニックちょっとしたことでも違います

漢字を使わず短い文章で読みやすくする

インターネット上で文章を公開する場合、できるだけ漢字を使わず、短い文章で伝えることが重要です。
以前ならケータイ小説、今ならツイッターがいい例ですが、みんなネットで(というかモニター画面で)長文は読みたくないんですよね。

特に、行政関連は難しい役人言葉が多いため、皆理解するのが大変です。
そこで、こうした役人言葉をうまく話し言葉で解説したり、一般的にはこうなる、と例示してあげると喜ばれることが多いです。
(行政は万人に平等に、という考え方のため、レアケースまで含めた説明文となってしまい、長文となってしまいがちです)。

また、まだまだ日本ではお金や性・病気関連は会話上タブーとなることが多いです。そのため、需要があるのに供給は少ないという状態のため、広告単価が高くなる傾向があります。
性関連は言わずもがなですし、病気・健康関連も、医師や薬剤師といった専門家でもなければなかなか情報を扱うことは難しいですよね。

それに対して、お金関連であればFPの守備範囲ですし、自分の書いた文章で問題が起こる可能性はかなり低いといえます。

こうした点からも、FP資格は使える資格といえるんじゃないでしょうかね〜。

ページトップへ戻る

プロが算入してこない分野で勝負ライバルが少ない

ライバルの少ない分野で勝負個人なら手間暇をかけられる

また、プロ(というか企業)が採算・労力を考えて算入してこない分野も狙い目です。ライバルが少なければ、自分のペースでのんびりやることも可能ですしね。

例えば、私の場合FP技能士試験の過去問解説サイトを運営していますが、当初1級の解説サイトはほとんどありませんでした。
1級なんて2級・3級と比べると受検者数が格段に少ない割に、問題は難しいですから、解説作成の手間を考えたら、ライバルは参入しづらいわけです。
また、2級3級にしても全ての実技試験科目を解説しているサイトも他にありません。
これも全部解説する手間を考えれば、なかなか参入しづらいですよね。

サイトアフィリエイトは、ブログと違って更新頻度は少なくていいし、ある程度サイトが出来上がると自分の作品としての愛着も出て、達成感も得られます。
1テーマで1サイトとしていくと、本を1冊出したような気分です。

ただ、稼げるようになるには時間もかかるし、稼げる額も莫大というわけにはいかないため、コツコツ何年も続けられる人にオススメします。
(実際、私が初めてサイトを開設した当時、よく見ていたり相互リンクをした個人サイトのうち、現在も続いているサイトはほとんどありません。)

ページトップへ戻る

実施サービス

1級FP過去問解説   2級FP過去問解説   3級FP過去問解説

eラーニング   FP試験マンガ

ページトップへ戻る
Copyright(C) FP de 副業! All Rights Reserved.