|
トップページ > HP運営でFP副業 > 政治・宗教ネタはオススメできず

政治・宗教ネタはオススメできず体験談とも相性悪い

政治・宗教ネタはオススメできず 目次

政治・宗教ネタはリスク高やっかいな相手も呼び寄せる

宗教ネタには注意

政治・宗教ネタはリスクが高い思わぬ批判も

サイトのテーマ・ネタとしては、自分の体験談や考え方がネタになることが多いわけですが、政治・宗教ネタは避けたほうが無難です。
よく初めて会う人と雑談するときは、政治・宗教ネタは避けるように言われますよね?
政治・宗教は人によって考え方が様々で、そんなに親しい人でもないのにうっかり口にすると、果てしない論争に発展してしまう可能性があるからです。

サイト運営する際のネタも一緒です。

特定の政治ネタや宗教について軽い気持ちで自分の意見を述べたりすると、やっかいなメール・コメントを受けてしまう可能性があるんです。

私の場合、以前、子ども手当については軽い気持ちで「結構いい政策ではないかと。」とブログに掲載したところ、学術論文をもとにした反論コメントをいただき、回答に苦慮した経験があります。
後でわかったことですが、コメントしてくれた方は他の人のブログでも同様のコメントを残されており、ご自身の主張を広めるために、積極的にコメント回りをされていたようで、私のブログもその1つだったようです。

また、当サイトでオススメする自身の体験談と絡める方法とも相性が悪いです。
宗教ネタで自分の体験談と絡めたら、完全に布教か批判になってしまいますからね。

ページトップへ戻る

得意分野限定であればOK風呂敷を広げ過ぎない

政治・宗教ネタを扱うなら得意分野限定で反論・批判を予想できる範囲にする

とはいっても、FPの場合は宗教はともかくとして、政治ネタは税制や社会保障関連で扱うことがあり得ますので、扱うなら自分の得意分野に限定しておいた方が無難です。

得意分野であれば、自身の主張に対してどのような反論・批判が来るかも、ある程度予想できるはずですからね。

故池田勇人首相像

時々ブログやTwitterで偏った主張を展開してアクセスを稼ぐ、炎上商法が話題になりますが、炎上商法ができるのはネット上の批判に耐えられる人だけです。

普通の人は、いくら単に画面上に並んでいる文字の羅列だとしても、面と向かって人に批判されている気分になってしまうものです。

ネタに困ったときは、つい自分の守備範囲外のネタを扱いがちですが、そんなときは自分の立ち位置、たとえば、サラリーマンで、副業FPで、子持ちで…といったように、もう一度自分のことを棚卸したうえで、何が得意分野かネタ出しをしてみることをオススメしますよ。

 

ページトップへ戻る

実施サービス

1級FP過去問解説   2級FP過去問解説   3級FP過去問解説

eラーニング   FP試験マンガ

ページトップへ戻る
Copyright(C) FP de 副業! All Rights Reserved.