|
トップページ > HP運営でFP副業 > アフィリエイトは怪しい?

アフィリエイトは怪しい?掲載する記事次第で怪しくも真っ当にもなる

「怪しげで危ない」といったイメージ怪しげな商売の片棒は担ぎたくない

思いっきり怪しい広告も少なくない報酬額も高いが・・・

HP運営でのFP副業の場合、収入源は主にアフィリエイトによる広告収入です。
しかし、アフィリエイトというと、人によっては「怪しげで危ない」といったイメージを持っている方も少なくありません。
実際、情報商材系だと週刊誌の裏表紙を飾っていそうな思いっきり怪しい広告も少なくないですし、そういった広告ほど、アフィリエイトの報酬額が高かったりしますしね。

また、Google Adsenseのように、クリックされると報酬が発生するような広告の場合は、自動的に広告が配信されるため、時には自分が望まない広告が配信されてしまう場合もあり得ます。

いくらFPを副業として活かし、副収入を得たいと思っても、そんな怪しげな商売の片棒を担ぐようなことはしたくないですよね。

ページトップへ戻る

配信される広告は制限できる普通の記事を書いていれば

どんな広告が配信されるかは見る人次第見る人によって異なる広告が配信される

ただ、そういった怪しげな広告を避けたければ、通常のアフィリエイト広告であれば提携しなければいいだけですし、Google Adsenseのようなクリック保証型の広告であれば、配信される広告を制限することもできます

そもそも、普通の記事を掲載していれば、そうそう怪しげな広告は配信されません。
つまり、怪しげな広告が出る≒掲載している記事に怪しげな部分がある 、とも言えます。

また、Google Adsenseのようなクリック保証型の広告の場合、配信される広告は記事の内容にも影響されますが、見ている人が普段どんなキーワードで検索しているかも考慮して、広告を配信します。
ですから、同じサイトを見ていても、広告部分には人によって様々な広告が配信されるわけです。
こうなると、どんな広告が配信されるかは、サイト作成者側が気にしなくても良いともいえるわけです。

アフィリエイトを怪しげと思ってしまう人でも、AMAZONや楽天は利用しますし、怪しげとは思わないはずです。
アフィリエイトに抵抗のある方は、まずはAMAZONや楽天の広告を貼ってみることから始めてはいかがでしょうか。

ページトップへ戻る

実施サービス

1級FP過去問解説   2級FP過去問解説   3級FP過去問解説

eラーニング   FP試験マンガ

ページトップへ戻る
Copyright(C) FP de 副業! All Rights Reserved.