|
トップページ > FPで副業? > FP知識をアウトプットする

FP知識をアウトプットするまずは知識を文章にすることから

FP知識をアウトプットする 目次

FP知識を文章化して練習セミナーや面談よりもカンタン

FP知識を文章化してアウトプットの練習ハードル低い!

FPに限らず、資格を勉強しているときは知識をインプットしているだけですので、資格を取ったからといって、知らない人に説明やアドバイスといったアウトプットが出来るわけではありません。

セミナー講師や相談業務といったしゃべりが必要なものは、その場で相手に納得してもらう必要がありますから、初心者にはハードルが高いでしょう。
(普段からお客さんと商談したりしている人なら別ですが。)

しかし、文章だったら、まずはひたすら書いてみて、おかしい点や分かりにくい点がないか、自分のタイミングで読み直すことが出来ます

アウトプット初心者であれば、まずはサイト運営やメルマガ発行等で、自分の伝えたいことを文章にしてみることから始めることをオススメします。

ページトップへ戻る

ネタに困ったらQ&Aサイト参考にしたり実際に回答してみる

ネタに困ったらQ&Aサイトリアルな相談内容がのぞける

WEBサイトやブログでファイナンシャル・プランナーの知識を活かした情報を発信するにしても、最初のうちはすぐにネタが尽きてしまいます。
今まではFPの知識を勉強するだけで、どのように情報発信するかを考えていたわけではありませんから、当然です。

また、日々の生活や体験をFP知識と絡めていく方法も有効ですが、これも「どうサイトのネタにするか?」なんて考えてきていないはずですから、やっぱりなかなかネタが尽きやすいです。

そんなときは、yahoo!知恵袋教えて!goo等のQ&Aサイトの質問・回答を参考にしたり、実際に質問に回答してみることをオススメします。
実際に回答文を考えてみると分かりますが、ダラダラと長文にならず、しかし本質を突いた回答をすることがいかに難しいかがよく分かります。

また、質問している人の質問内容は漠然としていることも多く、一番知りたいと思っていることを少ない情報量から類推する能力も鍛えられます

時々、質問者に対して「前提として●●が分からないと答えられません。そもそも…」と質問者にキツメの回答をされる方がいますが、質問する方はその「前提となる●●を知らない・分からない」ということも多く、だからこそ質問しているわけです。

自分が知っているからといって、説教するように回答するのではなく、「前提はともかく、例えば○○の場合は…」というように、一般的な例を示してあげるのも手です。

こうしたやり取りは、自分のWEBサイトやブログの読みやすさ・分かりやすさにもつながりますし、場合によってはセミナー講師や相談業務をやるようになったときにも役立つと思いますよ。

FPは副業向きの資格                 HP運営でFP副業

ページトップへ戻る

実施サービス

1級FP過去問解説   2級FP過去問解説   3級FP過去問解説

eラーニング   FP試験マンガ

ページトップへ戻る
Copyright(C) FP de 副業! All Rights Reserved.